看護師の疲労対策法について

夜勤明けの看護師で最も多い悩みが、帰宅してから眠れないといった事です。それらの原因として太陽の光りが大きく関係してきます。人は太陽光を浴びる事により、体内で分泌されるメラトニンの量が低下します。このメラトニンは眠りを誘う物質であり、夜に眠くなるのはこれらの事が関係しているためです。

そのため、そういった看護師の悩みを解消するには、夜勤明けで帰宅する際には日傘や帽子などを活用して、太陽光を浴びないようにする事がとても重要なポイントになってきます。睡眠は疲労回復のためにとても大切ですので、これらの豆知識はしっかりと心得ておくと良いでしょう。

また、夜勤の看護師は、少ない人数にも関わらず患者の様子をしっかりと見ておかなければいけません。そのため常に神経が張りつめた状態となっているので、精神的にも疲れが出てきます。精神的な疲れも疲労という症状と出てきますので、帰宅してからはしっかりとリフレッシュする事が重要なポイントとなります。睡眠がとても効果的となりますので、夜勤明けで上手く眠るための方法を身に付けておきましょう。

まず、快眠するための心得として、室内は暗めにしておく事が大切です。次に寝る前にはスマホやテレビ、そしてパソコンなどの画面を見ない方がいいです。光を直接浴びないようにするためにも、画面からなるべく離れるようにしなかればいけません。

最後に精神的なストレスを解消するためには、自分に合ったストレス発散方法を見つけておく事が重要になってきます。好きな事や趣味などを見つけておくといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Help

WordPress theme: Kippis 1.15