精神的にも肉体的にも疲労が溜まる仕事

看護の仕事をしている人で特に夜勤を行う人は普通寝ている時間に労働しているので、普段よりも多く疲労などのさまざまな症状を感じるでしょう。

看護師の夜勤の場合患者のトイレの介助や身体介助などいろいろな業務があり、少人数で行わなければいけない肉体労働の仕事であると言えます。仕事において膝や腰などを痛める人もいて、夜勤を重ねる度に身体に疲れが蓄積されていき、精神的にも辛い仕事と言われています。患者に何か異変があるとすぐに対応したり、当直医に指示を仰いだりするのでとても忙しく、気持ちが安らぐことはないでしょう。

人の生命に関わる業務なので、肉体的にもメンタル的にも疲労感を感じてしまいます。自分に溜まっている疲労は自分で解消するしか方法はなく、まずは気持ちの切り替えが大切で仕事とプライベートのオンオフをきちんとしましょう。

休日は仕事をきちんと忘れ、夜勤明けの緊張感を解放しリフレッシュすることが大事です。夜勤が明けてもすぐ寝れないという人は工夫が必要で、寝室になるべく外からの光が入らないようにしたり、テレビやスマホなどの光を遠ざけると良いでしょう。

遊ぶ時はきちんと遊ぶことも大事で、趣味に励んだりカラオケに行ったりスポーツをしたりと、自分のストレス解消に合った方法を探してみると良いです。最近は癒しのスポットとしてネコカフェやアロマサロンなど、さまざまな施設や場所があるので利用してみると効果があります。なるべく疲労を溜めずにその日その日で対処していくと、毎日の業務を乗り越えられるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Help

WordPress theme: Kippis 1.15