疲労の症状が出た時の対処法

仕事が忙しく、長時間労働やストレスのかかる業務を行うと疲労がたまり、様々な症状が出てしまいます。特に看護の現場ではプレッシャーがかかる場面が多いため他の業種よりも疲労が比較的溜まりやすいのです。疲労が溜まった時に体に出る症状はさまざまで、体調面では肩こりや腰痛などの運動器の痛みや胃痛や風邪を引きやすいなどの内臓面のトラブルが発生します。

また、精神面でも判断力の低下、不眠などの症状が起こり、放っておくとうつ病などの疾患を引き起こしてしまうため寝不足は無視できません。先に挙げた症状はこれ以上頑張ってしまうと本当に体調を崩しかねないという身体からのサインです。これらのサインが出た時は疲労がたまっている時が多いのでそれを取り除くことをしましょう。

次に栄養のある食事をとりましょう。ついつい激務の結果、外食やコンビニ弁当などで栄養バランスが崩れてしまいがちです。毎食しっかりと栄養のあるものを食べる事で体の回復力も高まり、疲労がたまりにくい体になります。

そして適度な運動をしましょう。身体を動かすことでストレスホルモンが分解され気分が爽快になり、ストレスを溜めにくい体になります。

最後に一番大事なのは睡眠時間を確保することです。夜勤がある方はどうしても不規則になりがちですが1日に最低でも7時間の睡眠は確保しましょう。夜勤明けで朝家に帰る時はサングラスなどをかけ、なるべく日光を目に入れないようにすることで自律神経を落ち着けることが出来ます。日々溜まってしまった疲労を回復するには、質の良い睡眠が一番なのです。その他にも、疲労の回復方法を知りたいなら、疲労回復特集にいろいろ紹介されていますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Help

WordPress theme: Kippis 1.15